2016年7月20日(水)
子猫

 実は先月、
 夜中、ずっと子猫の鳴き声がしていたので気になって、
 翌朝、家の周りを見てみると、
 隣の家の室外機と壁の隙間に、子猫が3匹、
 生まれたばかりらしく、
 へその緒がついたままうずくまっているのを見つけました。
 親猫は見当たりません。

 抱き上げてみると、
 体温も下がっていましたし、
 へその緒と枯葉が絡まって3匹が離れられない状態で、
 これは私の手には負えないと思い、すぐに病院へつれて
 行ったんです。
 先生に診てもらったら、
 運よく、絡まっているだけで炎症は起こしていなかったので
 ひと安心。
 それ以来、実は今も私の家で保護しています。

 見つけたときは、1匹わずか90グラムほどだったのに、
 こんなに大きく、ふかふかに成長しました(写真)
 おかげで、
 私の両手、両足とも、子猫の爪で傷だらけです。
 どんなDVを受けているのだろう、と、
 きっとバスで隣に座った人は思うでしょうね(笑)

 でも、「猫にひっかかれた傷です」と、いちいち説明する訳
 にもいかず、

 素肌の露出が多くなるこの夏のさ中、
 ちょっと悩ましいんです。

 それでも毎日、傷だらけになりながら、
 日に日に可愛くなる子猫に奮闘しています。

 どんなに小さくても、いのちはいのち、
 見過ごすことはできませんものね。

 (今のところ、誰か飼いたいという人がいたらお願いしようと
  思っているので
名前をつけていませんが、あまりの可愛さ
  に、最近、その決心が揺らいでいます(苦悩)
  でもこのままでは、猫が4匹になっちゃうし・・・(困))

 

 wis

 

2016年7月20日(水)
「吾輩は猫である」完成

  お久しぶりです。
  ようやく、声も元通りになり、活動を再開する事ができました。
  すっかり遅れていた「吾輩は猫である」のオーディオブックCD第4巻も完成。
  ネット配信の準備も進んでいます。

  新たなスタートを記念して、
  このweb日記を始めてみました。
  上手くいくかどうかわかりませんが、「wisのちょっとおしゃべり」と合わせて、
  皆さんとの交流の窓口になったら嬉しいです。

  wis